乾燥肌にいい食べ物とは?

乾燥肌にいい食べ物とは?

乾燥肌にいい食べ物とは?

口に含まれる食材によっても乾燥肌を防ぐ効果の期待があります。
例えば皮膚にある水分の蒸発を守って保湿を保つ脂質細胞はセラミドと呼ばれ、このセラミドを直接口から取り入れることができます。
これらはお米やほうれん草、大豆、こんにゃくなどに多く含まれています。
他にも皮膚の細胞はタンパク質からできているためタンパク質を摂取することは強い肌へとつながります。

 

しかし動物性タンパク質を摂りすぎてしまうと血の流れを悪くしてしまい反って乾燥肌の要因になってしまいます。
なので、好ましいのは植物性タンパク質です。
これもお米や大豆、豆腐など豆類に多く含まれています。

脂溶性のビタミンを含む緑黄色野菜も大事

そして緑黄色野菜にたくさん含まれている肌の細胞の膜を守り保湿を保つ作用があるのが脂溶性のビタミンです。
これは新陳代謝の機能を向上させる働きもあります。
また脂肪などの脂質は肌のガサガサを防ぎます。これらが足りないと皮膚の水分も蒸発してしまいやすくなります。
動物性脂肪よりも植物性脂肪の方が血液中で固まりにくいので、血液の流れにも影響は少ないです。
こういった不飽和脂肪酸はオリーブオイルやゴマ油が含まれています。
逆に動物性の飽和脂肪酸は肉類に多く含まれます。

偏食はだめ、いろいろバランスをとって

このようにたくさんの乾燥肌を防ぎ、予防につながる栄養素はたくさんあります。
しかしビタミンばかり、タンパク質ばかりといった食事の仕方では反って乾燥肌を導いてしまいます。
なので、偏りなくバランスの良い食事が乾燥肌を防ぐための一番の基本だといえます。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!