花粉症体質と乾燥肌

花粉症体質と乾燥肌

乾燥肌と花粉症体質は関係ない?

花粉症体質の人には、乾燥肌が多いようなイメージが広く流布しているようです。
実際、春先になると顔などがかゆくなる症状を訴える人が多くなるので、関連付けてイメージされるのでしょう。

 

花粉症は、鼻やのどの粘膜から花粉が侵入し、それがアレルゲンとなってアレルギー反応が起こしたものです。
花粉症体質の人には春先、しつこい鼻水やくしゃみは年中行事。

 

一方、肌は乾いた状態にあるので、肌から花粉が直接入ってアレルギー反応を起こすことはありません。
花粉が肌についても、手でたたけば簡単に落とせます。
なので、このロジックで言えば、乾燥肌であるかどうか、花粉症とは直接の関係はないといえます。

乾燥肌だから敏感になって花粉皮膚炎を生じる

ただし春先に、まぶたや頬がかゆくなるという人がいます。
くしゃみや鼻水がほとんどないのにかゆみや赤みがあるだけなら、花粉皮膚炎が考えられます。
乾燥肌にみられるのは、このタイプが多いようです。

 

花粉皮膚炎はアレルギーとは異なり、花粉の成分が刺激となって起こる、かぶれの一種です。
そのため、花粉症体質でなくても起こります。

 

花粉皮膚炎は、頬など肌の薄い部分、鼻の頭など顔の中でも高い部分に起こりやすいのですが、襟の大きく開いたブラウスを着ていれば、デコルテや肩口に花粉が付いて起こることがあります。
心配なら花粉症体質の対策と同様、できるだけ露出を抑えた服装にし、外出先から帰ったら、洗顔・入浴で花粉を体に残さないようにします。
乾燥肌の人は特に、その後は保湿ケアが大切になります。

 

乾燥肌のケアは年中無休ですが、花粉症はシーズンが過ぎれば自然と治まり、花粉症体質の人にはほっと安堵の時です。
かゆみがよほどひどい場合は、皮膚科やアレルギー科を受診するのがオススメです。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!