乾燥肌のファンデーション

乾燥肌のファンデーション

乾燥肌で肌が傷んだときのファンデーションは?

乾燥肌は皮膚表面の角質・バリア層が荒れた状態。
そんな肌に使うファンデーションとして、刺激性の成分や防腐剤、化学合成成分などの含有したものはおすすめできません。
では、どんなファンデーションが考えられるのでしょうか?
パウダー、リキッド、クリーム、いろいろありますが、まず人気が高いのがミネラルファンデーションでしょう。
「余分な成分が入ってない」「鉱物成分のみ」「ミネラル成分のみ」という安心感もそうですし、クレンジングが石鹸のみ(場合によってはぬるま湯のみ)で済むというのも肌に優しいポイントです。
また、わすれてはいけないのがBBクリームやCCクリーム。
BBクリームは「オールインワンで便利」という認識もされていますが、もともと、スキンピーリングや手術後の荒れた肌を保護し、炎症を抑えるために開発されたのがBBクリームですから、乾燥肌との相性が悪いわけがありません。
BBクリームの進化系とも言われるCCクリームも注目しておいてよいでしょう。

 

BBクリームは各社から出ていますが、ファンデーション機能や保湿機能はもちろん、できれば皮膚表面のバリア機能も強化してくれるものがおすすめです。

乾燥肌にファンデーションはNGではない

乾燥肌だからメークは控えめという向きは多いようですが、実際、メークは世間でいうほど肌を荒らすものではありません。
ファンデーションにしても、使い方さえ正しければ、肌トラブルとは無縁でいられます。

 

よくファンデーションは毛穴をふさぐという俗説があります。
確かに脂分の多いクリームタイプを脂性肌の人がたっぷり塗れば、当然つまりの原因になるのでしょう。
乾燥肌の人がパウダータイプなどの脂分の少ないものを使う分にはノープロブレムです。

 

また、メークは皮膚呼吸を妨げるとの俗説もあるようですが、全体の呼吸量からすれば微々たるものです。
まして顔にファンデーションを塗って呼吸困難などあり得ません。
乾燥肌はバリア機能が弱いので、むしろメークは外部刺激から肌を守ってくれさえします。

乾燥肌のファンデーション、注意点は?

また、乾燥肌だからクリームファンデーションという人は多いようですが、使い続けると乾燥の元凶たり得ます。
クリームやリキッドタイプは、色粉に脂分と水分をミックスしたもので、界面活性剤や防腐剤が入っているのも問題です。
要するに添加物が多く、乾燥肌にはダメージたり得るのです。

 

一方、パウダータイプは肌にやさしいのですが、粉っぽくてつけにくいという人もいます。
高齢者向けの少し脂分が入ったしっとりタイプや固形の練り状タイプは乾燥肌にも適し、塗りやすいのでオススメです。

 

パウダータイプは、おしろいと比較して塗りむらが起こりやすいので、小鼻など細かい部分までスポンジで軽く伸ばすとキレイに仕上がります。
パウダーファンデーションだけだと、のっぺりした感じになりやすいのですが、ピンク系のチークを頬骨に沿って入れると立体感が出ます。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!