乾燥肌とボディクリーム

乾燥肌とボディクリーム

乾燥肌ならお風呂上がりにすぐボディクリームを

乾燥肌は重たい肌荒れの一丁目。
特に寒い季節になると空気も乾燥し、皮膚も乾燥肌になりがち。
顔だけでなく、身体の皮膚も乾燥にまかせることなく、ボディクリームなどでしっかりとお手入れをしておきましょう。

 

ボディクリームを使うタイミングとしてはやはりお風呂上がりは必須です。
身体がお風呂のお湯で濡れて、乾燥とはほど遠いように思えるかもしれませんが、お風呂での洗体で皮膚表面の皮脂膜や角質がオとされているので、肌はとても無防備な状態。
そのタイミングでスキンケアしないのは論外です。
お風呂上がり、10分とか15分で、あっというまに皮膚は乾燥状態へ向かうので、入浴後はできるだけ早くボディクリームなどでケアしましょう。
肌表面がまだすこし濡れている状態でボディクリームを使うくらいがよいです。
水分が少し残った状態ならば、ボディクリームのノビもよいので、少量でも全身をカバーできます。

ボディクリーム以外にも注意すべきポイント

乾燥肌の人は入浴後、できるだけ速やかにボディクリームなどでお手入れすべきですが、その前に注意すべきポイントもあります。
ひとつは、強くこすり洗いしないことです。
別に毎日垢こすりする必要はありません。
皮脂層が薄くなる年齢でしたら、石鹸の使用ですら毎日は避けるべきです。
できれば、シャワーだけですまさず、湯船でゆったり温まるほうが皮膚の血行もよくなってよいのですが、熱すぎるお風呂のお湯も、皮膚にはあまりよくありません。
また、お風呂上がりに体を拭くときも、ゴシゴシは禁物。
ゆっくり押しつけるようにして水分を取るのがよいでしょう。

 

これらのことは顔の乾燥肌ケアではよく言われていることですが、つまりは、体の乾燥肌も同じです。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!