アトピー体質と乾燥肌

アトピー体質と乾燥肌

乾燥肌でアトピー体質だと症状がつらい

アトピー性皮膚炎というものがあります。
これは元々アトピー体質を持っていて、乾燥肌など肌のバリア機能が弱い人に起こります。
赤みを伴う湿疹や強いかゆみが起こる病気です。

 

元々肌は、表面が角質細胞で覆われ、細胞と細胞の隙間にはセラミドという天然の保湿成分が存在しています。
乾燥肌ではセラミド分が不足しがちで、外部からの刺激に敏感になります。
そこでもって、アトピー体質でもあったりすると、かゆみや湿疹などの症状が強く表れる傾向があります。
特に、顔や首などの露出していて外からの刺激を受けやすい部分や、ひじの内側、膝の裏側などの汗がたまりやすい部分は湿疹ができやすいので、乾燥肌の人も要注意です。

対処は似ている乾燥肌とアトピー体質

アトピー性皮膚炎は乳幼児に多く発症し、たいてい小学校入学前ごろまでに目立たなくなります。
ただし、アトピー体質である人は大人になってからでも発症するケースがあり、信頼のおける医師の下での治療が必要になります。
適切なる治療を受けながら、日々の生活を改善することで、通常の日常生活が送れるレベルまで、症状を回復させることが可能です。

 

というわけで、乾燥肌とアトピー体質では、直接の因果関係はありませんが、対処方法は似通っています。
その基本にあるのは保湿の一言に尽き、徹底的に保湿をするだけで改善することも意外と多いものです。

 

湿疹の症状の緩和にも、保湿剤をぬって肌のバリア機能を高めることは効果的なケアです。
ただ、アトピー体質の人は乾燥肌と同様、肌が非常に敏感になっているので、天然成分が主体で低刺激なものがベターです。
もちろん体質であるので、症状が治まった後も、保湿ケアは引き続き続けることが大切です。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!