アレルギー体質と乾燥肌

アレルギー体質と乾燥肌

アレルギー体質だと乾燥肌になりやすい?

一般に肌が乾燥して、かゆくなったりヒリヒリしたりする状態は、乾燥肌と呼ばれます。
よくアレルギー体質だからという向きは多いようですが、必ずしも真ならずです。

 

通常、肌は潤いを出すことで、外からの刺激から身を守る働きがあり、バリア機能と呼び習わされています。
乾燥肌では、バリア機能が弱く、潤い分が不足しがちです。
結果的に、常人なら何でもないほどの刺激で、チクチクしたり赤くなったりするのです。

 

ですが、これなども肌タイプの1つに過ぎず、アレルギー反応とは別物です。
事実、アレルギー体質でなくても、肌の乾燥に悩まされる向きは多いものです。

 

ただし、アレルギー体質であると同時に、乾燥肌であったりすると、コトは少々厄介です。
元々肌が弱った状態にあるため、食物やチリダニなどのアレルゲンに付け入るスキを与えやすいのです。

 

初めから、アレルギー体質であることがわかっていれば、アレルギーを起こさせないよう注意するのはもちろんですが、保湿を常に心がけ肌のバリア機能を高めることも大切なケアです。
同じ意味で、乾燥肌の人も、保湿が重大ポイントとなります。

乾燥肌、アレルギー体質、どちらにも共通するスキンケア

アレルギー体質であろうと、乾燥肌であろうと、放っておけば肌荒れはひどくなる一方です。
保湿ケアは自力で手軽にでき、かつ効果も得やすいものです。

 

基本的に、朝晩の洗顔後は、化粧水をつけてから保湿剤で仕上げます。
きちんと保湿ができていれば、肌に潤いが戻ってきて、荒れにくくなります。

 

なお、スキンケアを続けても改善が見られないようなら、乾燥肌が悪化する前に皮膚科を受診するのがオススメです。
その上で、肌の状態が良くなってからセルフケアに切り替えると良いでしょう。

 

また、以外かもしれませんが、自分でできるスキンケアには保湿ケア以外のアプローチもあります。
それは皮膚表面のバリア機能をサポートするというもの。
ある意味では、保湿ケアも、このバリア層のケアとセットになってはじめて本来の効果を得られると言えるでしょう。
潤いを逃がさないバリア層があってこそ、保湿ケアが生きてくるのです。

乾燥肌でボロボロになった皮膚のバリア層をアシストする
乾燥肌におススメの化粧水・美容液の解説はこちらからクリック!